いくつかのネズミ駆除方法を組み合わせるのが効果的

ネズミによる被害の殆どはクマネズミかドブネズミによるものです。



最近は住宅の高層化に伴い、高所での移動が得意なクマネズミの被害が増加傾向にあります。

クマネズミはドブネズミよりもひと回り小さく、尻尾が長いのが特徴です。
用心深く、人の気配を察知して行動するので、侵入している事に気が付かないまま被害を拡大させている事があります。駆除するにはいくつかのネズミ駆除方法を組み合わせて行なうのが効果的です。殺鼠剤をネズミの通り道に設置し、その周囲に粘着シートを仕掛ければ効果が高まります。
天井裏のネズミは餌場としてではなく、運動場として利用しています。

ロケットニュース24ならこちらのサイトがオススメです。

殺鼠剤に興味を示さない事が多く、あまり効果が期待できないです。


天井裏へは据え置き式の忌避剤やくん煙式の忌避剤、超音波機器等の設置が効果的です。

ネズミの死骸が腐敗し、害虫の発生を招く場合があります。



季節によっては殺鼠剤を使用してのネズミ駆除方法は控えた方がよい場合もあります。

そしてネズミの出入り口となる穴を全て塞いでしまう事が必要です。

ネズミはわずか1.5cm程の隙間からでも入り込んできます。
外壁の小さな割れ目や隙間等を見逃さずに金網や忌避剤入りのパテ等で塞ぎます。
これ等のネズミ駆除方法を根気よく継続すれば、ネズミ駆除をする事ができます。


しかし期間が長引けば、費用が増え続け、精神的なダメージも負う事になります。

初期費用が必要になりますが、業者へ依頼した方が良いケースもあるので、まずは相談してみる事が必要です。