ねずみ超音波の特徴とは

日本には20種類以上ものねずみがいますが、よく被害にあるものはどぶねずみ、はつかねずみ、くまねずみという種類になります。
ねずみの習性は夜行性ということと警戒心がつよいということです。


そして繁殖力が強いのですぐに増えてしまいます。


夜中に物音がするというような場合やねずみの糞が落ちていた場合はなずみが住み着いています。そのまま放置しておくと繁殖力の強いねずみなのですぐに増えてしまうのです。



様々なところをかじる性質があるために、家の家具や柱、配線などもかじられてしまいます。配線をかじられて漏電やショートすることもありとても危険なのです。
またねずみにはダニがついていたり病原菌を運ぶことがあるため衛生面でも早めに駆除する必要があります。

自分で駆除する方法もあり、一般的によく目にするものは粘着シートや捕獲カゴ、超音波という方法になります。

ねずみは食べ物のあるところを探して動き回りますが、警戒心が強いため壁側を通路とすることが多いのです。
そこに粘着シートや捕獲カゴを仕掛けることになります。
もし捕獲してもその処分を行う必要があり、完全に退治するにはとても時間がかかります。
このような場合はねずみ超音波を使用してみます。

OKWaveサポートと断言できます。

ねずみ超音波は人に害のない音を出してねずみを追い出します。



ねずみ超音波で住みにくい環境にして、餌となる食べ物をしっかりと管理して追い出すというものです。
そして侵入口をきちんと塞いでねずみ退治を行います。