住宅で出現率が最も高いクマネズミ駆除方法のポイント

日本の住居まわりで出現するネズミは、大型のドブネズミ・中型のクマネズミ・小型のハツカネズミの3種類ですが、壁を登れず泳ぎが得意で工場や下水道などに多いドブネズミ、壁を登るのが得意なものの周囲に田畑など農村地域の住居に出現するハツカネズミに対して、一般的な住宅地や市街地の住宅に出現するのはクマネズミがほとんど。夜な夜な、ドタバタと屋根裏から運動会を開催していたらまず間違いありません。

同じ住居に出現するハツカネズミは好奇心旺盛で学習能力がさほど高くなく、すぐに罠に引っかかるためネズミ駆除方法は比較的簡単です。


厄介なのはクマネズミ駆除方法です。

警戒心が強く、罠を設置したり家具を動かすだけでも、いつもと違う風景に強い危機意識を持ちます。
他のネズミが引っかかっていたらそれを見て避けるなど、学習能力も高いです。



そのため、クマネズミのネズミ駆除方法は、闇雲に罠を仕掛けるという手法は逆効果となり、さらに困難になる可能性が高いため、まず捕獲・駆除のための環境を整えることから始まります。
部屋を整頓し、見通しをよくすることで通路を限定させます。
次に、通風口を専用網で塞いだり、壁の裂け目を埋めて侵入経路を断ちます。

ビジネスジャーナルの情報を集めました。

そして、仕上げにエサとなる人間の食べ残しをこまめに掃除したり、家中の食べ物を冷蔵庫や密閉できる容器に全て封じ込めます。侵入経路を断つのは、新たなネズミの侵入を防ぐ他に、外からエサを調達してきて戻るという行為そのものを防ぐ意味もあります。エサを断って5日以上経った頃に一斉に罠を仕掛けましょう。


罠にエサを置くのも効果的です。重要なのは、短期間で一気に片をつけること。



空腹で冷静さを失ったネズミを一網打尽にすること、これが一番の駆除方法です。